いつか使えると思って置いていても大抵は無駄になる

今日は冷凍庫の奥深くに1個はあるであろう『保冷剤』のお話
 

ケーキの購入時、冷蔵の宅配物などによく付いてくる保冷剤

ケーキ、生モノなど低温で保存する際に、非常に役に立つ『保冷剤』

そして、何度も使用可能という点から高確率で冷凍庫に入れて、次使用する機会まで保存
 

大抵の場合、何個も溜まって冷凍庫を圧迫するという悲しい運命(=ω=.)

Simg_3101

 

冷凍庫を圧迫している『保冷剤』の処分方法を紹介(´・ω・`)b
              ※地域などによって処分方法が違うと思いますので、ご注意を

保冷剤の中身は『水吸収性の高い高分子ポリマー』らしいでオムツなどにも

同じ性質を持つ物が使われているそうです(^ゝω・)危険物でないんで触っても大丈夫

 

では、まず保冷剤の処分に必要な物を用意

  • 処分する保冷剤
  • 底が深いお皿(底が深い物なら何でもOKカップラーメンのカップでも大丈夫)
  • 塩:塩化ナトリウム
  • 棒(割り箸など)

処分対象の保冷剤の中身を深い物に投入今回はプラスチックビーカー使用

Simg_3106

外装はプラスチックなので、プラスチックごみへ捨てて下さい

そして、次に少量の塩化ナトリウムを保冷剤の中身へ

Simg_3110

保冷剤に塩化ナトリウムかけただけで、すぐに異変が(゜∇゜ ;)水っぽくなってきてる

割り箸などを使い、保冷剤と塩化ナトリウムをよく混合

Simg_3111

あっという間にゲル状の状態にまで変化[E:sign02]

 

 

Simg_3114

ほとんど水と変わらない状態に(。-`ω-)1分くらいでこの状態

この状態になってしまえば、あとは排水溝に水と一緒に流すだけでOK(*`・ω・)b

 
今回、僕が紹介した『保冷剤』の処分方法はあくまでいくつもある処分方法の1つ

これ以外の方法で、もっと簡単な処分方法がありますから(^ゝω・)

スポンサーサイト
[ 2010/05/14 11:55 ] パピヨンの日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/695-ff120154