PSP「FFTオウガ 運命の輪」ゲーム序盤のプレイムービー公開

Photo

11月11日に発売予定の「タクティクスオウガ 運命の輪」。

発売に先立って、序盤の“傭兵バパール戦”までのプレイムービーが公開されました。

 


本作をプレイしていて感じたのが,とにかく「快適」だということと,タクティクスオウガ
ならではの重厚な雰囲気が少しも損なわれていない(というか,むしろ洗練されている)
ということである。

とくに快適さは特筆に値するレベルで,ロードをほとんど感じないのは当然として,
メニュー周りの操作など,各種インタフェースの操作感が“非常に軽い”点には驚かされた。
シミュレーションゲームで“操作が軽い”とはこれ如何に? と思われてしまうかも
しれないが,事実,その快適さは近年のゲームの中でも最高峰に位置するのではと
思えるほどである。
(by 4Gamer)

 
タクティクスシリーズで僕がプレイしたことがあるのはPS版「ファイナルーファンタジー

タクティクス」とGBA版「ファイナルファンタジータクティクスアドバンス」。

中でもPS版FFTは良い作品でした。僕の中では“神ゲー”だった。

 
壮大なストーリー、戦略性が求められるゲームシステム、その他にも評価ができる

部分が多いゲームでしたね。紅一点“ホーリナイト アグリアス”、ゲーム中最強キャラ

にしてゲームバランスすら破壊しかねない“剣聖シド”。名前を聞いただけでゾクッとする。

 
特に印象的だったウィーグラフ/魔人ベリアル戦

おそらくゲーム中でもっとも難しい戦闘。直前のセーブポイントがあり、

十分な準備をしないままセーブをしてしまうと“魔人ベリアス戦”で詰み

最悪の場合、ゲームを最初からやり直ししなければならないという恐ろしい戦い。

 
FFTは非常に良い作品だったが不満点が1つ。それは僕がまだ小学生だったということ。

あまりに壮絶なストーリーだったため、当時の僕に物語の半分も理解できなかった。

 

アドバンスも面白い作品でしたが、PS版FFTに比べると神ゲーと呼べる作品ではあり

ませんでしたが、それでも良ゲーではありましたけどね。

固有キャラがなければ、固有ジョブなるものも存在しなく、物足りなさが残る作品でしたね。

 

 

『タクティクスオウガ 運命の輪』発売日である11月11日は“ポッキーの日”だよ。

 

スクウェア・エニックス
5980円
評価平均:
powered by yasuikamo
スポンサーサイト
[ 2010/11/04 11:55 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/634-80fa5bcd