『Another Century's Episode Portable』の基本的なシステムは「ACER」と一緒

Acep

『Another Century's Episode Portable』の発売日が2011年1月13日に決定!

「ACER」と違って協力プレイが可能に。PSPならではのACEになるかもしれないね。

 
協力プレイってPS2時代のACEにもあったっけ(。´・ω・)?

 

『ACEP』をプロデュースするのは、「ACER」と同じく「SRプロデュースチーム」。

(; ̄□ ̄A残念というか不安というかなんとも微妙な心境

ACEPに関する情報がSR公式ブログにて語られているので、どぞ。
 

実はこの「Another Century's Episode:Portable」、「Another
Century's Episode:R」と同時に開発していました。基本的なシステムは
同じなのですが、細かい所が違います(ハードによる違いは別にして)。
数年前、「Another Century'sEpisode」の復活が決まった時、シリーズの
方向性を探るため、「R」と「Portable」それぞれで基本は同じにしつつも
差異を出していくことになったからです。


 その最たるものが、ゲームの進行方法です。「Portable」はこれまでの
「Another Century's Episode」のようなシナリオがなく、プレイヤーが
ミッションを選択し、クリアしていくことで進みます。これは、今作の
ハードが携帯機であることを踏まえ、手軽に遊べるロボットアクション
ゲームとして仕上げようと考えたからです。


 実は、「R」を開発する前にも「Another Century's Episode」に
シナリオを入れるかどうか、個人的に少し迷っていたのです。
頭の片隅にはシナリオに縛られず、気軽に楽しめるアクションゲーム
としての「Another Century's Episode」があってもいいのではないかと
いう考えがありました。


 結局、前シリーズに倣って卓上機のゲームである「R」にはシナリオを
入れ、携帯機のゲームである「Portable」には入れないという判断を下し
ました。とは言え、「Portable」にストーリーがまったくないという
わけではありませんが、携帯機で気軽にロボットのアクションを楽しんで
いただければと思っています。

 

スーパーロボット大戦公式ブログによると

「『ACEP』は基本的なシステムは「ACER」とほぼ一緒で、開発時期もRと同時期。

『R』と『P』を2つを制作したのは、これからの「Another Century's Episode」の方向性を

見定めるため」っだそうです。

 
僕的には方向性っていう単語が非常に気になる。ゲームシステムに関する事を

指しているのか、ハード面について言っているのか(。-`ω-)

『ACEP』の出来・売上次第で、これからのACEシリーズは携帯ゲーム専用って

ことにならないかだけが心配でならない(´・ω・`)

 
 

『ACEP』は「ACER」で一番の不評だったテンション性が弾薬性に変更されているような

のでテンション性絡みの問題はなくなったと考えていいでしょう(´・ω・`;)これで少しは安心か

 
しかし、『R』はテンション性以外にも、システムの問題はいっぱい。

「エリアオーバー」、「カメラ周り」、「ロックオン周り」、「部位破壊」、「トランポリン」など

まだまだシステム上での問題は山積しています。

開発時期が一緒というところを考えると、これだけの問題点を修正されている

可能性はかなり低いような気がする。そもそも問題点だと思っていない可能性も・・・

SR公式ブログに書かれている「基本的にシステムが一緒」というのが非常に心配。

 
「カメラ周り」、「ロックオン周り」はかなり基本的なシステムのはず。

基本一緒ってことはこのあたりも一緒の可能性が高いんじゃないのか(。-`ω-)

 

よほどの事がない限り、『ACEP』の売り上げは伸び悩むだろうな

 

バンダイナムコゲームス
5337円
評価平均:
powered by yasuikamo

スポンサーサイト
[ 2010/10/18 09:53 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/623-e8a91a6f