スーツケースのキャスターを修理(取り替えて)してみた

2月のワンダーフェスティバルで久しぶりに使ったスーツケースのキャスターが全損。
今週のワンフェスにも持っていく予定なので急いで修理することになりました。

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_01

メーカーでも修理の対応はしてくれるらしいのですが、
けっこう高額が修理費を請求されるらしいので自分でやってみることにしました。
メーカーや業者によるのでうが、3000~6000円くらい掛るそうです、、、一ヶ所につきね!!

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_02

現状のケースの状態。ゴム部分がすべて消滅して残っているのはホイール部分だけ
この状態でも動くには動きますが、非常に重いです(; ・`ω・´)

ではでは、さっそく修理に移りたいと思います。
修理といってもタイヤ部分の軸を切断するというだけの簡単な作業。

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_03
今回のこの簡単な作業に必要なものは以下の2点。
○ 金属切断用のこぎり「ハイスパイマン」
○ 交換用タイヤ「VERY100」

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_04
金属切断用のこぎり「ハイスパイマン」、見た感じはただののこぎりですね。
のこぎりといえば「木を切る」専用の道具っというイメージしかないので、
本当にこんなもので切れるのか少し不安な気持ちがあるのですが、、、

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_05
そんじゃ、キャスターの軸を切断開始しましょうか!!
本体とホイールの狭い間から切ることになるので間違って本体にダメージを与えないようしないと。

のこぎりをギ~コギ~コ動かしながら徐々に軸を切れているのを確認!こいつ切れるぞ!!

15分ほど経過でやっと切断完了ε~( ̄、 ̄;)ゞ

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_06パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_07
切断した支柱はこんな感じ。
タイヤを固定してる支柱は1cmもないですが、こんなのでもけっこう大変ヾ(;´▽`A``
金属切断用ののこぎりだったら割と簡単に切れるのかと想像してましたが、そう甘くなかった。

パピヨンの日記_20170725_スーツケースタイヤ交換_08
あとは交換用タイヤをつけ、六角レンチで締めて完了。
まだ1ヵ所だけしか終わってませんが、もう汗だくですヾ(;´▽`A``まだ3ヵ所もあることに絶望


そして、あと3回「切る→つける」の作業を繰り返しスーツケースの修理は1時間ほどで無事終了。
終盤はコツを掴み8分ほどでできるようになりました(*`・ω・)b

転がしてみた感じは問題なさそうです。
これなら今週のワンフェスも問題なく使えますかね。

ただ1つ気になるのは、使っている間に振動でネジが緩まないかだけが心配。
旅行中にタイヤがなくなったらただの重いケースですからね。
もしもの時のために六角レンチだけ持って行っておこうかな( ̄∇ ̄;)


Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸 08104
ゼット販売
売り上げランキング: 72
スポンサーサイト
[ 2017/07/25 23:53 ] パピヨンの日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1783-b8d6020d