スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

透明ブックカバー「ミエミエ」、「ブッカー君」、「ミエルンジャー」の3社のブックカバー比較(ライトノベル・文庫版)

新たに文庫用の透明ブックカバー「ミエルンジャー」を新しく購入。
パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_01
これで前に買った「ブッカー君」、「ミエミエ」と合わせて透明ブックカバーをコンプリート。
コンプリート記念としてこの3社のブックカバーを比較してみようヾ(*`・ω・)ノ

3つのブックカバーを重ねてみた。
パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_02
基本、どのブックカバーも手触り、透明度という点において有意な差はありません。
では、どこを比較するかという装着時の本へのフィット具合。
つまり、各ブックカバーのサイズを比較していこうじゃないかってことなのです。

パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_03
手前から「ミエルンジャー」、「ブッカー君」、「ミエミエ」の順に並んでおります。
ちょっとズレてるのでもうすこしきちんと揃えてみた。最初から揃った画像を用意しろよ!!
パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_04
それぞれにカバーにサイズに特徴があり、
ミエミエは一番横幅が広く、ミエルンジャーは2社に比べてわずかに小さいことが判明。
判明なんていってますが、カバーの仕様にサイズについては明記されてるんだけどね(; ̄ー ̄A

一応、ここで横幅において「ミエミエ」が少し大きい分「分厚い文庫本に対応できる」という
有意な印象を受けますが、どのブックカバーもだいぶ余裕を持っていますので幅が少し長い程度じゃ
あまり意味がなさそうです。2倍程度の厚さであればどのブックカバーも対応可

それでは、実際に文庫本にカバーを付けてみてみましょうか。
パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_05
ガガガ文庫「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」をモデルに使い
それぞれのブックカバーのサイズを検証していきましょう。
左から「ミエミエ」、「ブッカー君」、そして、「ミエルンジャー」の順となってます。

ちなみにガガガ文庫のサイズはスニーカー文庫、MJ文庫、電撃文庫とほぼ同じ。
ということは、この検証はライトノベル用ブックカバー決定戦ということになるのか!?

パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_06
パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_07
2方向からの写真を撮り比べてみます。※左から「ミエミエ」と先ほどと同順
実際に装着してみると「ミエルンジャー」以外のブックカバーはかなり高さに余裕がある感じです。
数値としては2㎜程度の余裕がある感じです。

「余裕がある」という言葉を使えば聞こえは良いのですが、
この2㎜の余裕があるというのはカバーを付けてみるとけっこう不恰好なんですよね。

パピヨンの購入物_20140915_ブックカバー_08
3社のブックカバーを検証した結果。
ライトノベル用として「『ミエルンジャー』がもっともフィットするブックカバー」
いうことが判明しました。
できるだけフィットするブックカバーをお求めの人はこちらをオススメします。


スポンサーサイト
[ 2014/09/18 22:55 ] パピヨンの購入物 | TB(0) | CM(2)

エイチエス社のカバーる(縦151mm)と言う商品もありますがどうでしょうか?
[ 2015/04/18 22:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> エイチエス社のカバーる(縦151mm)と言う商品もありますがどうでしょうか?
コメントありがとうございます。

HS社のカバーるという商品は持っていないため(今回、存在を初めて知りました)
文庫本にフィットするかわかりません。

これまでの経験上、
表記されているサイズより1~3mm程度大きいと考えたほうがいいでしょう。
実際にHPを見る限り、縦151㎜は対応サイズと書かれており実寸ではありません。

ミエルンジャーは対応サイズ152㎜、実寸153㎜となっており、
「HS社 カバーる」はミルンジャーより小さい可能性はあります。
が、対応サイズより2m大きいなんてザラにありますのでご注意を!!
[ 2015/04/19 12:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1698-96100199



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。