スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【物語シリーズセカンドシーズン】「恋物語 ひたぎエンド 其ノ肆」貝木泥舟の肉体美初公開!!

前回のあらすじ
臥煙からの伝言を斧乃木ちゃんから今の仕事を引くよう告げられるも、引くふりをして
お金だけ受取り、その足で再び北白蛇神社へ赴き千石撫子と順調にコミュニケーションをとる貝木。
そして、その夜、尾行される気配を感じつつも撫子両親の外へ呼び出し、
無人となり撫子部屋の押入れに秘められた物とは一体!?そして、貝木を尾行する者とは?

ホテルへ帰宅すると玄関に“手を引け”とだけ書かれた手紙が一通。臥煙からの最後通告か?
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_01
冷水シャワーで現在の状況を考える貝木。シャワーシーン(´,,・ω・,,`)あら、いい体
スーツからだともっとヒョロヒョロな貝木だが、脱ぐとなかなかしまったボディっすなぁ。

いくら冷静になって考えるためとはいえ、
この雪降る真冬に冷水のシャワーはさすがにカゼを引いてしまうぞ(゜Д゜;;)
そして、あのオープニングここでアバンは終わり

今夜も、今日あった出来事についての報告する貝木。
毎晩、夜になると電話を掛けてくるのに対して寂しいの?と一言。
恋人でもないかぎり毎晩夜に電話ってのはちょっとね(´・ω・`;)その相手が貝木ならなおさら
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_02
一部を除く、今日の報告を終えると
貝木に「手を引け」とだけ書かれた手紙を置いた“キャッツアイ”がどうやってホテル玄関に
置いたのかを考える貝木。どうやら臥煙からの最後通告じゃなかったらしい
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_03
封筒なんてドアの下から滑らせて入れればいいじゃないとガハラさんの一言。
・・・(´゚д゚`)ポカーン状態の貝木
冷水のシャワーを浴びながら、頭を冷やしながら冷静に考えたにも関わらず
なぜこんな簡単なことに気付かなかったのか。ちょっと深く考えすぎでしたね(; ̄ー ̄A

ガハラさんの答えに反論できず、しかし、その答えを簡単に認めることもできず
検討に値する推理だなっと精一杯の虚勢を張る貝木泥舟であった・・・。


ガハラさんとの電話も終わり、今日のことと明日、これから注意する事ををまとめる。
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_04
最初の一日目こそ、この仕事について簡単を考えていたが、こうまとめてみると
注意しなければならない事柄が山積み。そういえば撫子の両親はどうなってしまったのか…

撫子自作のウロボロスの綾取りは気持ち悪かったらしく、明日は綾取り購入してから撫子と接触。
まぁヘビって独特の感触だしね。それで綾取りなんてあまりやりたくないよね(。-`ω-)



今日は蛇神様用にお神酒を持って北白蛇神社へ。
どうやら毎回1万円をお賽銭する貝木の姿がまるでキャバクラ通いをしているようだという
ガハラさんの一言が気になったようで、今回はお神酒を用意。

さらに、今回はお神酒だけでなくズボンから2万円を取りだしお賽銭!?っと大奮発の貝木。
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_05
いつも通り、お賽銭に反応して登場する“蛇紳”千石撫子。
今までの2倍の高額なお賽銭に驚き急いで駆け寄る千石撫子だが、足が縺れて賽銭箱にダイブ!

返さないよ!と一言。神様だというのにちょっとケチな一面を見せる撫子(; ̄ー ̄A
貝木からだけのお賽銭で4万円を手に入れた撫子だけど何に使うというのだろうか?
人間なら買い物にも行けるんだが、神様じゃ買い物行けないだろうし(´-ω-`)


いつものお賽銭に加えてお神酒を用意した貝木。
数ヶ月前まで中学生だった撫子にお酒、それも日本酒をさすがにハードルが高い気もする。

差し入れの日本酒を渡すと、これが意外に大好評、喜ぶ蛇紳様
どうやら人間の時にお父さんから少しだけビールを貰っていたらしい。
自分も小さいころ“親からビールの泡だけを回収”するってのよくやっていたからね。
これって世間一般であるあるな行為だったのか(。-`ω-)
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_06
新しい綾取りにも喜ぶ撫子だが「暦お兄ちゃんをぶっ殺すまでの暇つぶしができるよ」っと
綾取りを暇つぶし程度に考えてない撫子に「綾取りも奥が深いんだぞ」っと貝木。

撫子は“暇つぶし”と言いつつ楽しそうな表情であるのに対して、貝木は“奥が深いんだぞ”と
言いつつ全く楽しそうでなくて言葉と表情が対照的。


北白蛇神社からの帰り、貝木はガハラさんの話によく出てきた羽川翼と遭遇。
苛虎の一件から数ヶ月の時間が経つが髪のトラジマはまだ治っていないようだ

そういえば、ガハラさんは羽川さんは、今は忍野メメを探しに海外へ行っていたのでなかったかな?
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_07
互いに軽く挨拶を済ませ、タクシーで羽川さんの泊まっているホテルへ向かう二人。
どうやら今、ガハラさんの依頼を受けている貝木だけに会うために一時帰国したらしい。
アニメ・漫画関係_恋物語_20131215_08
意志の統一、互いの立ち位置を確認しようとする貝木だが、
貝木を詐欺師と知りながら、ガハラさんたちへの感情を知りながら信用する羽川さん。

見透かされたように見えたのか「どうやらお嬢ちゃん、お前は何でも知っているんだな」と一言。
何でも走りません、知ってることだけっといつもの一言で貝木も納得したようで
「・・・いいだろう。お互いに情報交換ってやつをしようじゃないか。羽川」
と言ったところで4話終了。今回の羽川さんの名言来ましたーヾ(*`・ω・)ノ

貝木がこの案件に加わってからさらに様々な人、策略が交錯するようになり複雑化。
仕事を邪魔する者も現れそうだし、このまま簡単にはいかなさそうな雰囲気。
貝木はこのまま仕事を遂行することができるのか?無事に貝木は撫子を騙すことができるのか?

もう阿良々木暦の立ち位置が貝木泥舟に乗っ取られるんじゃないか?と心配になるくらい
暦を取り巻くヒロインたちがどんどん貝木と接触。このシリーズの主人公はだれだったっけ( ´・ω・)?


恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2014-06-25)
売り上げランキング: 34
スポンサーサイト
[ 2013/12/16 23:41 ] アニメ・漫画関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1652-f56e34ce



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。