スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【物語シリーズセカンドシーズン】「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ壹」ラスボス千石撫子、ついにその真の姿を現す!

いよいよ始まりました「囮物語」、今回の物語は千石撫子がメインキャラ。
物語シリーズのラスボスと称される千石撫子がストーリーの重要キャラとして再び登場です。

物語シリーズ_囮物語_20130922_01
まずは千石撫子の自己紹介から。wikiにも載ってないような細かな紹介
どこか真っ暗な場所にいるのか色合いが白黒。

どうやら今はあの北白蛇神社の屋内にいる模様。そこに光が射し込み“今の千石撫子”が(゜∇゜ ;)!?
物語シリーズ_囮物語_20130922_02
これまでの千石撫子とは一変、髪は白髪となり、眼は赤眼に変貌!?
白蛇“クチワナ”との会話中。千石撫子はパーセルマウスを覚えた!!

いったい、急に千石撫子の身に何があったんだ!?
まさか、あれか・・・新しいイメチェンか!これでフィギュアを作ってくれないか( ̄∇ ̄;)

境内に誰かが侵入、それを感じ取る千石撫子。こ、この気は・・・(。-`ω-)ピキーン
物語シリーズ_囮物語_20130922_03
阿良々木暦登場。すでに誰かからの襲撃を受けたのか血まみれ、ボロボロな状態
吸血鬼だったころのなごりの自己再生機能が作用していなく、骨が見えて手が取れかけ。

最近の物語シリーズは地上波でもあまりグロ描写をぼかさないね。これはいうほどもだけど
化物語の“するがモンキー”は色合いをカラフルにしてあまり思わせないようにしてたけどね。

物語シリーズ_囮物語_20130922_04
さっきまでなら髪が白髪化してただのイメチェンとも捉えることもできましたが、、、
白髪じゃなくて髪が白蛇となり、まさにギリシャ神話に登場する『メドゥーサ』を彷彿させる姿に
囮物語のサブタイトル通りの「なでこメドゥーサ」。

どういった経緯かは不明ですが、どうやらほんとうに怪異となってしまった撫子。
物語シリーズ_囮物語_20130922_05
千石と対峙する暦と忍。怪異となってしまった千石を戦う、退治すると決めた二人。
ここにくるまでにいったい何があったというのか?

阿良々木暦、忍野忍の二人が撫子に向かい飛び込むも
物語シリーズ_囮物語_20130922_06
怪異と化した撫子に手も足も出ず、一瞬にして二人ともやられてしまいます。
忍には蛇髪で殴りかかられ叩きつけ、暦にはその髪を槍のような形状に変化させて心臓を一突き。

なでこメデューサの毒にやられ再生能力が機能しない現状でのこの心臓への一突き!
これは阿良々木暦、絶体絶命の窮地なんじゃないか!?

物語シリーズ_囮物語_20130922_07
この表情、完全ラスボスです(確信)
大好きだった人である暦の心臓を一突き、返り血を浴びながら高笑いする撫子。
ついに千石撫子、大好きな暦お兄ちゃんのハートを奪っていきました(゜Д゜;;)いややこんな盗られ方

そして、ここでオープニング。
囮物語、開始早々すでにクライマックスな状態。まだ始まって5分程度なのに(; ̄ー ̄A


さて、時間は戻りまだ千石撫子が人間だったころへ。
物語シリーズ_囮物語_20130922_08
今は10月31日、ハロウィン。中学校へ登校中の千石撫子。
セカンドシリーズは時系列無視気味なんだから花物語もここにいれてよかったんじゃ

ここで忍野扇登場。自転車に乗った扇が一直線に登校中の撫子に向かい
物語シリーズ_囮物語_20130922_09
あわや自転車との接触事故になるところ、アクロバティックな方法で回避するも忍野扇は大転倒!

千石撫子が心配になり近づくもムクッっと起き上がり、「怪我はないかい?千石ちゃん」っと
あきらかに自分の方が怪我した可能性があるのに相手を気遣う余裕っぷり。
物語シリーズ_囮物語_20130922_10
初めて会うはずの扇がなぜ自分の名前を知っているのか?一瞬の出来事であったが
この発言に疑念を抱く千石撫子。驚いただろうに意外冷静な冷静な判断ができるのか(; ・`д・´)

扇がこの発言に言い訳するも、どうも納得がいかないのか様子。
物語シリーズ_囮物語_20130922_11
忍野扇は千石撫子についてはいろいろと聞いているらしく、
「はたして今回はそううまくいくのかな?今回は例外かもしれないんだぜ?」っと意味深な発言。

まるで今回の囮物語のストーリー、事件の成り行きを知っているような発言。
千石の名前を言ってしまったところから奇妙な発言が目立ったがいったい忍野扇って何者なんだ?


その後、言うだけ言って去って行った忍野扇。そして、千石撫子は学校へ。
物語シリーズ_囮物語_20130922_12
何の前触れもなく、撫子の前に白蛇の幻覚が出現。いや、これが何かが起こる前触れなのか?
突如現れる白蛇に驚くも、ただ突然現れ何もせずに消えていく蛇。

気味悪くなり、阿良々木暦に相談する千石撫子。
夜に大好きな暦お兄ちゃんと会う約束をし、嬉しくなったあまり「楽しみにしてると」っと失言。
失言に気付き、急いで公衆電話をきると今度は幻聴が。今じゃほんと公衆電話なんて見ないな

誰ともわからぬ声の主に北白蛇神社へ来るよう言われ、千石にとってトラウマの神社へ。
物語シリーズ_囮物語_20130922_13
神社へ行くと以前惨殺した蛇たちの死体を目の前に幻覚と見せる声の主。
そして、声の主は「この罪の償いをしたいならこっちを見な」と言い呼び出した声の主が出現。
撫子の目の前に人なんて軽く丸飲みできるくらいの大蛇(゜∇゜ ;)!!

物語シリーズ_囮物語_20130922_14
神社を何周もできるくらいの大蛇、名は「クチワナ」。
クチワナは惨殺した蛇たちを引き合いに出して自分の願いごとを聞いてくれるよう頼む。

こう言われると怯えながらクチワナの願い事を聞くことを承諾。
これで「なでこメドゥーサ 其ノ壹」は終了。
今回はいきなり物語のクライマックスから始まり、その成り行きを書くという珍しい流れ。
次の話からクチワナの頼み事を聞くことになった撫子、どういう無理難題が言われるのか!?

囮物語 第一巻/なでこメドゥーサ(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2014-02-26)
売り上げランキング: 1
スポンサーサイト
[ 2013/09/22 21:09 ] アニメ・漫画関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1629-4ee3dccf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。