スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゼロの使い魔」作者 ヤマグチノボルさん 41歳死去

アニメ・漫画関係_ゼロの使い魔_20130412_01

メディアファクトリー:http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/20130411/index.html

残念。この一言に尽きる。
2011年の夏ごろ、自身がガンに侵されていることを告白。
当初は外科的治療すら困難な状態であったが、治療できる状態になり同年に手術し、無事に成功。
その後も抗ガン剤による治療を続けながらある程度の仕事ができるほどまでになり、アニメ版「ゼロの使い魔F」の製作に携わり、昨年の年末にはノベル版も残り2巻のプロットができあがり書き始め、2013年初めに刊行するというはなしでした。

しかし、本人の体調が思わしくなく1月の刊行予定は延期。
たまにツイッターではそれなりに元気なような発言を多くされていたので「まぁ大丈夫だろう」っと思っていた矢先の“ヤマグチノボルが死去”したという報道。

本当にショックでした

「ゼロの使い魔」との出会いはアニメ版の「ゼロの使い魔」の第一期と第二期の一挙放送。
その放送でこの作品に興味を持ち、続きが知りたくなりライトノベルを読むようになりました。

今でこそ、それなりに多少なりとも本を読みますが、当時は字だけで書かれた本は一切読まない。
本がキライな人間でした。(漫画は除く)

そんな私ですら本を読むきっかけを作ってくれた「ゼロの使い魔」に対しては色々と思うところがあります。その作品を書かれたヤマグチノボルさんには感謝しております。


ヤマグチノボルさん
他のライトノベル、なによりゼロの使い魔に巡り合わせてくれたことに感謝いたします。

心からご冥福をお祈りします。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2013/04/12 02:07 ] アニメ・漫画関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1574-f20b5be8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。