スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【偽物語】「つきひフェニックス 其ノ貮」八九寺真宵の甘噛み、これはかわいいわ(´,,・ω・,,`)

今週から『つきひフェニックス』より登場する新キャラ「影縫 余弦」、「斧乃木 余接」、彼女たちのキャラクターがアニメでどのように表現されるかが気になる「つきひフェニックス 第貮話」。

どうやら“ハミガキ三本勝負”に負け、月火からの“千枚通しの刑”から命からがらのがれ、約束通り神原駿河を紹介することになった阿良々木暦。
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_01

暦からの電話に「妹の処女なんて貰えない」と何か勘違いをする神原駿河。こんなことを考えている神原に、兄としては妹の危険を考えれば紹介したくないのは必然だな。

そして、相変わらずの自室ないでの全裸。
この間のおばあちゃんに全裸を見られたのに全く懲りていない様子
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_02
もう神原も室内だと全裸安定の“露出キャラ”として完全に定着
本に引っかかった神原の下着がちゃんと描かれていて演出も細かい


偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_03

僕は反応に戸惑う。
なんだろう。
ギャグパート終了の気配を感じる。
楽しい時間は終わりなのだろうか。
お遊びはここまでか。



火憐を神原に紹介するため神原宅へ移動中

火憐の服装は前話から一変、女の子らしい服から再びジャージへとチェンジ。
この全身ジャージ、色合いからブルース・リーの全身タイツを彷彿とさせるような衣装
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_04
道中、火憐から「必勝ジャンケン」の手ほどきを受ける暦。火憐が実際にジャンケンして負けた方が神原宅までおんぶする罰ゲームを提案。結果、負けたのは火憐。

火憐が言う必勝ジャンケンとは、「ジャンケンの定番の掛け声、ジャン・ケン、ポンの“ケン”の部分で出すことで相手に強制的に後出しをさせる」という姑息な必勝法?あまりに姑息な戦法に暦の拳が火憐の顔面に炸裂。自称「正義の味方」から外れた、どちらかというと“悪”が考えそうな戦法

姑息な戦法により暦の不戦勝となり、罰ゲームを提案した火憐が受けることに。
そのうえ、罰ゲームが「おんぶ」→「肩車」へとチェンジ

ちょっと気になるのは、“ひたぎクラブでおもし蟹がひたぎの体重を戻した時に暦の体重が100kgになった”ことが今でも継続しているのか?
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_05
肩車時に「ポニーテールが邪魔になる」っという暦の一言で、小学校から伸ばしていた髪をバッサリ、あっさりカット、ショートヘアーの阿良々木火憐誕生


男性なら肩車ならわかるでしょうが肩車された際に局部が相手の頭に当たるというのが良くある事。
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_06
火憐から一言「兄ちゃんの局部が後頭部に当たって気持ち悪い」(; ̄ー ̄)・・・
そして、「私はポニテを切ったから、兄ちゃんもそれ切って」っと残酷な申し出が。
この妹、なんて残酷なことを言うんだ(´・ω・`;)

いろいろと肩車に問題はありましたが、無事解決して神原宅へ向かう二人。

偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_07
つきひフェニックスの重要人物の「影縫 余弦」登場。

初対面の暦に対して、鬼畜なお兄やんと呼称する影縫 余弦。最初は妹に肩車を強いる暦に対して付けたのかと思いきや、火憐に対してもスズメバチの妹と呼称。どうやらその行為に対してつけた名前じゃなくて畜なお兄やんの鬼とは「吸血鬼」に対して行っているみたいだ。最初から二人の正体を見破っていたということか

「おどれ」って京都弁なのか?僕には大阪弁だったように思うんだけど


影縫 余弦との会話中、火憐はほぼ無言。
格闘家として影縫の強さを肌で感じていたらしく、火憐曰く「あたしの師匠でようやく互角」と称するほどの強さを秘めているらしい。火憐自体の強さも相当なのに師匠はもっと強いのか(´・ω・`;)


無事、神原宅へ火憐を送り届けて、帰路につく暦の前に八九寺真宵の姿が。化物語に比べて出演頻度が増えた八九寺真宵、前回は暦の普通なあいさつに対してダメだしをしていたので今回はいつもの襲い掛かりが見られるのかな
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_08
勢いつけと八九寺真宵の襲い掛かろうとする暦。しかし、助走途中に転び、襲い掛かり失敗。
失敗は忍による妨害、足をつかまれたのが原因。まるでドラクエのマンドハンドのような

八九寺との帰り道途中に、そこに「斧乃木 余接」が登場。
影縫と同じように道を尋ねる斧乃木、そして、言葉の後に必ずついてくる「僕はキメ顔でそういった」。会話数はたった数回程度なのに、毎回「僕はキメ顔でそういった」を言われると結構うざい
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_09
道を聞いたあとはあっさりとその場から去り、去った後に八九寺が一言。
「私の見るところなかなかできますよ。私の師匠でようやく互角くらいでしょうね」

そして、かわいそうな子を見るような暦の表情。
(。-`ω-)・・・「お前に師匠なんていねぇよ」


おそらく、次の話から新キャラ「影縫l、つきひフェニックスのメインヒロイン「月火」、そして、主人公「暦」がどういった風に絡んでいくか?やっぱり最後はバトル物が出てくるのか楽しみ。

そういえば、ショートカットになったひたぎさんはいつ出演されるのかな??


〇 おまけ
偽物語_20120304_つきひフェニックス 第2話_10
前半パートの途中に出てきた看板のひとつに某魔法少女に出てくるキャラクターの『きゅうべえ』登場。パロはいつもの事ですけど、最近もものを使うのは珍しい。製作会社が一緒だったはずだから使いやすかったのか


「偽物語」第四巻/つきひフェニックス(上)
「偽物語」第四巻/つきひフェニックス(上)
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 16:33 ] アニメ・漫画関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1396-e69699f8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。