スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『偽物語 かれんビー 其ノ参』ヶ原さんSすぎるけどたまにあるデレの破壊力

偽物語_20120122_かれんビー第3話_01
先週のラストに神原駿河に襲われパンツまで脱がされた阿良々木暦。まるで先週の事がなかったかのように掃除が進められ、庭にちょっとしたアートが生み出されてます。先週のあれはい一体、、、


神原が本気でせまったら断れないだろうっと言わる。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_02
暦が「結婚をか」と問い、神原が「愛人関係を」っと
やっぱり、愛人関係と答えたのは神原が戦場ヶ原先輩を1番に考えるからなのか、それとも神原が変態だからこそ通常の妻という位置を嫌い、愛人を選んだのか?


偽物語_20120122_かれんビー第3話_03
なんだよ、この絵。どっかの歴史の教科書でみたことのある絵になってるぞ!



掃除したことで本の山にうずもれていた花札を見つけた暦が休憩の合間にやろうということになり、ルールを知らない神原に暦が教えることに。ルールさえ教えれば大丈夫っと自信ありげにいう神原。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_04
しかし、フタを開けると結果は惨敗、ふくれる神原駿河。
負けてふくれる神原駿河。かわいぃ~(´,,・ω・,,`)

ふくれる神原に、千石は初心者の自分に負けても楽しそうだったぞという暦。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_05
それに対して、神原駿河が千石撫子を“ラスボス”と評す。
あの服装でツイスターゲーム、男としてはかなり正常を保つのは難しかったはず、そこを難なくクリアする阿良々木暦はすごい。撫子のヘアバンドさばきがすばらしい

第3話のOPは第1話と同じ「二言目」ただしちょっと1話と違う点があり
偽物語_20120122_かれんビー第3話_06
                          ※左:第1話 右:第3話
第1話のOPはひたぎさんが黒塗りで表現されているのに対して、第3話はちゃんとひたぎさんだと分かるように影じゃない状態、これはどうみればいいのか?
第1話時はOPが間に合わなかったのか、それとも何か意味が込められているのか?現状いまの自分にはこのオープニングの違いはわからない(。-`ω-)


暦が神原宅を出る瞬間。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_07
神原が「あと数年の我慢だ」っとの意味ありげな一言。つまり、大学進学をさかいに家に出るということか。いくら良くしてくれる祖父母であっても、母親のことに関してはかなり深い溝があるということなんでしょうか。

「貝木泥舟」さん登場!
偽物語_20120122_かれんビー第3話_08
貝木の問いに警戒しながら答える暦、それに対してほめる貝木。そりゃあなた怪しすぎるから

貝木は“臥煙の忘れ形見”の様子を見に来たという。つまり、神原駿河のこと。
直接会わず、神原駿河の今の現状、おそらく“猿の手”の浸食度合を言い当て、特に気にするほどでもないと判断し、神原宅の門前から去る貝木。

その特異的な雰囲気から“忍野メメ”っと近い匂いを感じた暦。去る貝木の後を一度は追おうとしたもののあまりの特異的な雰囲気、危険な匂いに気付き追うのをやめて帰宅。

帰宅途中。たまたまひたぎさんを見つけ挨拶するも無視されその上横道に逸れて逃げるひたぎさん。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_09
相変わらずのツンデレ具合を見せるひたぎさん。
ツンツンなことをさんざん言われながらも、最後に「自分の彼氏がモテモテというのは、彼女として最高の気分」と耳元にささやく。ツンデレというステータス、阿良々木暦をもて遊んでます。

ひたぎさんとの帰り道、“貝木”という名前を言った瞬間。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_10
頭を殴打され、“第1話の監禁シーン”へと繋がるのでした。

ズボンに入った携帯が鳴りだす。
偽物語_20120122_かれんビー第3話_11
ひたぎさんに取ってくれるよう頼み、ポケットの深くを弄られる。どこ触ってんの!!

メールの内容は妹からの「助けて」。
それを知り、簡単に手錠、鎖を引きちぎり助けに向かおうとするも、どうしても行かせたくない戦場ヶ原。しかし、暦「ここで動かない僕をお前は好きと誇れるのか?」のと一言に顔を赤らめるひたぎさん。説得に成功するかと思いきや、突然の電話。

そして、電話に普通にでるひたぎさん ※暦の携帯です

偽物語_20120122_かれんビー第3話_12
電話の内容を聞きオドオドしだすひたぎさん、一体誰からの電話だったのか?本人は羽川さんからっというが、この驚き度合いからそう思えない。

そして、あれほど行かせたくないと言っていたにも関わらず、電話のあとで急変、あっさり道を開ける。より一層電話の内容が気になるこの行為。一体電話は、誰、どんな内容だったのか


ここまで物語はスローペースでしたが、次週から物語は激流の如く動き出す、、、のか?



ナイショの話(アニメ盤)偽物語 第一巻/かれんビー(上)[Blu-Ray]
「ナイショの話(アニメ盤)」偽物語 第一巻/かれんビー(上)
スポンサーサイト
[ 2012/01/22 15:10 ] アニメ・漫画関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1363-c47f12e9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。