パピヨンの日記27「本州最北端の地、青森 その2」

~3日目~
午後から自由に観光してくれてもかまわないという許可を得た僕たちは、飛行機出発のタイムリミットまで自由に刊行することになりました。残された時間は約8時間

青森滞在に許された時間はほんのわずか。たった数時間で青森を楽しむため、前日の夜よりすでに計画を練ってきました。まずは観光地とされる十和田湖へ出発!
パピヨンの日記27_01 パピヨンの日記27_02
田舎の風景を楽しみつつ、目的の地まで車を走らせる。写真は再び助手席に座る後輩に
十数枚のうち、まともに撮れていた写真

パピヨンの日記27_03 パピヨンの日記27_04
パピヨンの日記27_05 パピヨンの日記27_06
ほとんどの写真はこんな感じ(; ̄ー ̄A ピントズレ、シャッタースピードが遅いなど
設定をちゃんと設定して渡していなかったのが痛かったですね。撮影モードをプログラムにして渡しておく予定だったんですが、すっかりそんなこと忘れちゃってました。


出発から約1時間後、目的の場所「十和田湖」に到着。
予定どおりの時間に到着、お昼にはちょうどよいころあいなので、ここでお昼をとる事にしました。
パピヨンの日記27_07 パピヨンの日記27_08
お店の名前が『とちの茶屋』。青森出発前から目をつけていたお店です。
数量限定ですが「ヒメマスのお刺身」が頂けるそうなので気になっていたんです。

時間が迫っているので素早く昼食は済ませ、十和田湖を眺めにいくことに
っとその前に近くにあったお店で
パピヨンの日記27_09

パピヨンの日記27_12
「つがるりんごソフトクリーム」を購入。ソフトクリームというよりシャーペットに近い食感でした
そのほかにも
パピヨンの日記27_10 パピヨンの日記27_11
こんな風に焼かれた川魚の塩焼きはめっちゃおいしそうに見えるんですよ。たださきほど昼食を済ませた僕達にとってはちょっと重すぎる一品だったのでここは我慢。

パピヨンの日記27_13 パピヨンの日記27_14
時間さえあれば遊覧船に乗ってのんびり湖を見て回るっていうのも良かったでしょうね。


次の目的地奥入瀬渓流
パピヨンの日記27_15 パピヨンの日記27_16
パピヨンの日記27_17 パピヨンの日記27_18
パピヨンの日記27_19 パピヨンの日記27_20
ここも本当なら渓流一体をゆっくり歩きながら眺めたかったんですけどね。歩いてここをまわると3時間くらいかかるんで、要点だけ見て残りはカットするしかなかった。ざんねん


青森観光、最後の目的「温泉」。その目的を果たすためにさらに山奥へ向かうことに
道中、あまりにすごい山道に向かうために不安な気持ちになりながら、いつのまにか標高1000mまで登っていました。空港の出発時間も迫っているのでかなりの不安
そんな不安の中、やっとだとりついたのがこの『酸ヶ湯温泉』。
パピヨンの日記27_21 パピヨンの日記27_23
なかなか歴史を感じさせる造り。日帰りで入浴だけでなく、宿泊もできるみたい

中にあったお土産屋で面白い物を発見(*`・ω・σ)!!
パピヨンの日記27_22
どちらかの知らない土地でこういうものを題材にしたお祭りがあったなぁ

温泉は混浴と男女別の両方が存在。気持ち混浴の方へ入りたかったんですが、流れで男女別の方になってしまいました。別にやましい気持ちじゃなくて浴場自体が広いから入りたかったんです(`・ω・´)



これで観光の全目的は終了
あとは空港まで行き、飛行機で関西へ帰るだけです。青森滞在の3日間、長いようで短かったこの3日。青森観光はほんの数時間しかなかったけど、それでも短い時間で濃縮した時間が楽しめたと思います。それなりに満足しました(^ゝω・)



スポンサーサイト
[ 2011/08/29 23:50 ] パピヨンの日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1271-d3db3781