スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【携帯ゲーム】 任天堂とストリートファイターの軌跡

あと10日もすればニンテンドー3DSが発売するというのに全く実感がない今日この頃。

3ds_20110215_00

発売間近ってことで今日は、ローチンタイトルの1である『スーパーストリートファイターIV

3D EDITION(ストリートファイター)』と任天堂の携帯ゲームとの軌跡を追ってみよう。

 

携帯ゲーム機におけるストリートファイターシリーズ第1弾にあたる作品。

GB版 『ストリートファイターⅡ』 1995年8月11日発売

総評としては、あまり出来の良いものではなかったようでカプコンの黒歴史的な作品。

ゲームボーイということもあり、操作性が非常に悪く、そして、「波動拳」、「昇竜拳」などの

必殺技を繰り出すことが非常に困難なゲームであったそうです

 
 
次の作品が

GBC版 『ストリートファイターALPHA』 2001年3月30日発売

これは「ストリートファイターZERO」の携帯ゲーム移植版。日本では未発売の作品です。

海外では「ZERO」というのは不吉な番号らしく、ZEROから「ALPHA」に名称が変更されて

います。

 

続いて

GBA版 『スーパーストリートファイターII Xリバイバル』 2001年7月13日発売

このころになってやっとストリートファイターのメインと言っても過言でない対戦が

通信ケーブルを使ってできるようになりました。

上2つの情報が少なくて、もしかしたらまちがっているかもしれません(´・ω・`;)

 
“通信ケーブル”という言葉が非常に懐かしく感じてしまうは・・・今の子はケーブルなしじゃ

対戦できなかったなんて知らないんだろうな。GBAならケーブル1本あれば事足りたが

GBとGBCの2つが混ざった時代なんて変換コネクタがないとケーブルを繋げれない

仕様だったんだ。子供にとってケーブ1本買うのもつらい時代にコネクタなんて買うなんて

なかなかできなかった(; ̄ー ̄A 最近のゲーム機はホント優秀だね

まぁGBの本体値段が5,600円に対してニンテンドーDSは3倍近くするんだけどね

 

そして、最後に最新携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」と同時に発売される

『スーパーストリートファイターIV 3D EDITION』

 

3DSを机らしき場所において、ゲーセンのボタンみたいに操作してるけど・・・よくそんな

方法で操作できると感心( ;・ω・)ゲーセンのコントローラーってなんて言うんだっけ??

この人はかなり操作慣れしてるなぁ

 

 

こうストリートファイターの携帯ゲームの歴史を見ていくと、進化したねぇ~

あのGBからここまで発展を遂げるとは、当時の僕は想像すらできなかったからね。

 

カプコン
3918円
powered by yasuikamo
スポンサーサイト
[ 2011/02/16 02:29 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1096-db0e210b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。