スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【TAF2011】 出展企業前回の4割減。ほんとうにどうなるアニメフェア!?

2011_20101210_02

今年3月24日~27日の4日間、東京ビックサイトで開催される予定の「東京国際アニメフェア」。

しかし、多くの出版社が参加辞退を表明したことで、無事開催できるか危うい状態に
 

危機的状態になった原因は去年12月の都議会で「東京都青少年健全育成条例改正案」が

採決され、それにともない角川書店などの大手出版社が東京国際アニメフェアのボイコットを宣言。

 

25日に第2回実行委員会が開かれ、現在の東京国際アニメフェアの詳細が明らかになった。

「東京国際アニメフェア」の第2回実行委員会が25日開かれ、出展数が10年3月実績の
244社から4割減の153社。規模を示す「小間」は、昨年の615から491へと約2割減ったことが
明らかになった。

この日の実行委には、角川書店や集英社など反対を表明している実行委メンバーが欠席。
現段階での出展企業の内訳は、国内では46社減の125社海外では32社減の28社
出展数は2月末に確定するが、角川グループを中心に25社117小間のキャンセルがあった。
出展企業から開催に不安の声が寄せられている
が、事務局は「今後も『コミック10社会』との
対話を続け、最善を尽くす」としており、来場者目標の14万人も据え置くという。
 
http://mantan-web.jp/2011/01/25/20110125dog00m200036000c.html
 

 
数字だけを見れば、僕が想像していたより実情はそれほどひどくないように思えるけど

その出展を取りやめた企業の質が高すぎるから実際は相当危機的状況なんじゃないかな。

現在、アニメフェアに参加企業に魅力がないってわけではないが、辞退した企業が

「角川書店」、「小学館」、「講談社」、「集英社」などアニメフェアの主役ともいえる企業ばかり

あまりに失ったものが大きすぎて残りのメンバーではさすがに補えきれないだろう(。-`ω-)
 

出展数は2月末までに確定するようだが、それまでに“コミック10社会”を説得できるかな??

「東京都青少年健全育成条例条例改正案」の件、「実行委員長のあの発言」を考えると

まぁ、無理だろうなぁε-(ーдー)委員長はもっと自分の発言に対する責任と影響力を自覚しないとな

苦労するのはいつも下の人間だからね

 

尾田 栄一郎
420円
powered by yasuikamo
スポンサーサイト
[ 2011/01/27 03:18 ] アニメ・漫画関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://papiyon211.blog112.fc2.com/tb.php/1079-7c9faf4f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。